高校野球の地方大会も盛り上がっていますね。

暑い夏の日のドラマ、高校最後の夏を笑って終えられるのはたったの1校です。

悔いのないように、全部出し切ってください。大田リトルは全国の高校球児を応援しております。

 

 

六郷では大田区を代表して年長~小学6年生までの少年少女達が毎週土日祝日に汗を流しております。

 

体験はいつでも大歓迎なので、この夏休み中にでも1度遊びに来てください! お待ちしております。

 

 

 

おっと、そういえば書き忘れてましたが、大田リトルはこの度新しい設備が導入されました!

 

 

 

とりかご!! ええやろ~? ん?  羨ましいやろ~?  ん??

 

大田にくれば手の皮ズルズルになるまで打てるんやで!!  

 

 

毎日300円払って20球そこら打ちに行ってる君、 お金勿体ないから今すぐやめて大田リトルにカモン!! 

大田リトルではマシンは勿論、手で投げた生きた球が沢山打てマスカラ!!

 

 

更に、守備にも力を入れてます。最近ではジュニア、マイナーをまぜて合同練習する時間も設けています。

 

 

 

見て!この大人の数www 子供達より多いというwww

 

 

 

そしてジュニアのシメはこれ! 

はいドーン!!

 

 

砲を持ってサバゲー!!

 

これは子供達もキャッキャ言って楽しんでます。

 

駄菓子菓子!! 子供達よ! 騙されたらあかんで!! それ結局普段より走らされとるんやで!!!

 

まあ、辛い練習も楽しくやれば効果も倍増ですからね!!

 

 暑い日が続きますが気合い入れて、楽しんで夏を乗り切ろう!!

 

 

私は最近この子達を見ていて昔の自分を思い返す時があります。

 

私がこの子達くらいの時は、サザンと沖雅也とドリフが大好きな少年でした。

 

当時、カトケンの番組で「ごきげんテレビ」という番組が流行っていて、番組の中でカトケンチームが一般のチームとドッジボールをやるというコーナーがあり人気でした。

 

私が6年生の時かな? 通っていた小学校でカトケンチームに挑む為にテレビ局に挑戦状を叩きつけて試合が決まった事がありました。 しかし、収録日数週間前に急遽番組打ち切りが決まって、テレビ局と志村けんさん、加藤茶さんからお詫びの手紙がクラスに届いたのを覚えています。

 

面白いだけでなく、そういうマメな所も、私がカトケンを愛する理由の一つです。

 

で、ある時期から志村けんの隣に立つ人間が加藤茶からマーシーに変わりました。

当時私はショックでしたが、志村けんとマーシーのコンビのなかなかいいんですよね。

 

マーシーが天才なのか、どんな相手でも良いところを引き出す志村けんが凄いのかわかりませんが、あの当時、志村、田代のコンビは間違いなく日本一でした。

 

「だいじょぶだぁ」という番組なんか、私の唯一の楽しみと言っても過言でありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駄菓子菓子...

 

 私の青春とも言えるマーシーが先日お巡りさんのお世話になる事になりました・・・

 

私はめちゃショックでした。 出来る事ならもう一度チャンスを与えてあげたい! もう一度テレビで彼のダジャレを聞いて失笑したい! そんな思いで胸がいっぱいでした。

 

しかし、世間はそんなに甘くありません。どなたかも言ってましたが、日本という国は一度の過ちは許すお国柄、でも二度、三度目は許してもらえないと。

 

確かにそうですよね。 完全同意です。

 

新聞も、 「田代、4年ぶり!6度目!!」 みたいな見出しで書いてればどっかの高校が久々に甲子園決めたニュースと間違えたりする人もいたのでは? とか思っていた自分が馬鹿みたいですよ!

 

今年の江戸川球場の開幕式で、いろんな事がありますが、「早寝、早起き、朝ごはん!」これさえ守ってれば大丈夫です! みたいなスピーチがありましたが、本当にその通りだと思います。

 

野球に限らず、スポーツに打ち込むという事は子供にとって必ずプラスに作用するものだと、私は思います。

 

ちょっと途中から何書いてるかわからなくなってきました・・・

 

とりあえず! 大田リトルにはプロになる為の練習する環境、設備が整っていますので是非遊びに来てください! 見学だけでも結構ですので^^

 

 

ページツリー

ページ最上部へ戻る