10月18日マイナー大会のため

中野グラウンドへ行ってまいりました。

 

このマイナー大会に合わせてずっと

がんばってきた成果を見せる日ともあり

子供たちもいつものやんちゃはなく

緊張して試合を待っていました。

 

先攻大田リトルVS後攻城東連合

 

緊張からか動きが固くいつもやってきたことが

出せない大田・・・

「ここをおさえなきゃ!!!」と

気持ちを球に込めつなげようとしていましたが

1回の表で3点をとられてしまいました。

 

でもここで諦めず粘っていくのが

大田リトルの強さ!!!

 

走って、叫んで、投げて、打って同点

に追いつき、4回、5回を0点で抑えることができました!

しかし6回で大田は0点

城東に裏で1点をとられ

4-5で大田リトルは負けてしまいました。

 

涙をこらえ挨拶をしましたが

ベンチに戻ってくると

抑えても抑えても

涙を止めることができず

声を出し泣く子、

声をだせず泣く子、

立ち上がることも、

座ることもできず

地面に伏せ泣く子・・・

悔しくて、悔しくて

みんな泣いていました

「何であの時できなかった」

「もっと俺がここでこうしてたら」

「勝ちたっかった」

「勝ち上がりたかった」

と叫ぶ声が聞こえてくるような姿

 

テントに戻ってきても涙を止めることが

できず悔しさに肩を震わせ泣く子達に

声を掛けることはできませんでした。

 

去年の雪辱を晴らすために

この日に向け頑張ってきた4年生

この大会を楽しみに、マイナーに上がってから

必死に練習に望んできた3年生

勝負の世界だから勝敗がすべてとは言え

ずっと彼らがやってきたことを思い出すと

「また次からがんばろう」

とその日

励ましたの言葉をかけることができませんでした。

 

夏から新チームになり怪我があったり

チームとしてまとまるまでに時間も必要だったけど

必死に彼らが「勝つ」という目標のために

転げ回り、走り、叫び続けたこと

それもで形にならなかったのは

まだまだ練習が必要で

大会という魔物に飲み込まれない

精神の強さが必要であることが

今回の「課題」なのかな・・・

と思いました

 

でもやってきたことは全て出した!

だってこの大会で何一つできていなかった事はなかった!

 

だからここで立ち止まらず

また明日から練習に励んで

これからの試合をひつも落とさないよう強くなっていこう!!

この悔しさをバネに

羽ばたけ大田リトル!!!!!!!!!!!!!!

 

ページ最上部へ戻る