1. 2016/3/13
  2.  
  3. 今日は武蔵府中さんのグランドにて春季大会第二試合。
  4. 対戦相手は優勝候補と名高い武蔵府中Aチーム。

11:10試合開始です!

先行は大田。

みんなで円陣を組んで声を出して気合を入れます!

今日は先週よりもそろってたね!

一回の表、1アウトから2番W君が内野安打で出塁。

続いて3番Yくんがレフト前ヒットを放ちチャンスを作ります。

が、、、

残念ながらその後ピシャリと抑えられ、二者残塁となります。

 

一回の表、先発はエースのYくん。

先頭打者はファーストがしっかりとさばき、いいスタート!

と思いきや・・・

2番バッターにフォアボールで出塁を許し、4番バッターの3塁打で先制点を奪われてしまいました。

 

続く2回裏にはホームランで1点を追加されます。

 

3回裏は先頭打者にフォアボール、続く安打で満塁のピンチを迎えますが、最後はきっちりと三振に取り、この回は0点で抑えます。なんとか守り切りましたね!

 

4回裏、内野安打に続くホームランで2点を奪われたところで、

先週先発で好投したA君に交代となります。

が、、

やはり武蔵府中さんの強力打線は止まらず・・・

この回さらに2点を追加され、4回が終わったところで0-6と差をつけられてしまいました。

大柄な選手も多く、ピッチャーも投げ込むのがこわかったと思います。

(まるで大人と子供です・・・↓)

 

攻撃では4回表に4番N.Hくんが内野安打、5回表に7番S.Nくんが2塁打をたたき出すも、

 

結局打線がつながらず、1点も奪うことができませんでした。

 

5回裏、2つのフォアボールと、デットボールに続くセンター前ヒットで1点を追加され、この時点で7点差、5回コールド負けが決まってしまいました。

  1 2 3 4 5
大田 0 0 0 0

0

0
武蔵府中A 1 1 0 4 7

 

試合後のミーティングでは反省点について色々と指摘があったようです。

打てなかった。

というのももちろんありますが、何より大田のピッチャーのフォアボールが多いこと。

二人で計7つも出してしまいました。

対する武蔵府中Aのエースピッチャーは一人で5回を投げ切って、デットボールが1つだけ。

打たれてしまうのは仕方ないけど、その前にフォアボールがなければ、点を取られなくてもいい場面もあったはず。

フォアボール(とホームラン)だけは仲間も助けてあげられません。

夏の大会に向けてコントロールを磨いていかなくちゃね。

 

そして、やっぱり点は取られてもそれ以上の点を取れば勝てるはず!

いいピッチャーでも打ち崩せるように一人一人今以上にバットを振って本当に打てるチームになって行こうね!

 

ページツリー

ページ最上部へ戻る