私ごとでは御座いますが、3月21日をもちまして、大田リトルを退団致しました。

指導者を携わった期間は、本当に色々な経験をさせて頂きました。

私が心掛けたのは、指導者の私自身が〝勝ちたい”という気持ちを前面に出すことでした。

「勝たなければ意味がない」「勝つことでしか次は無い」「勝ちと負けは天と地との差」

勝つことの喜びを味あわせてあげることが使命と思い、私の思いのままにやらせて頂きました。

そこには、本当に感謝しております。

 

本当に1勝も出来なかった大田リトルジュニアが東京ベスト4まで行けたのは、

私の指導力でも何でもなくその思いを理解し小さな体で頑張った選手達の凄さだと心から思います。

既に私を超える選手達といれた時間が、私のこの先の人生にとっても大きい出来事でした。

 

最終日には、指導させて頂いた選手からの手紙や記念品を頂いたり、

送別会も開いて頂き、本当にありがとうございました。

次会うときは、敵同士だと思いますので、心からその戦いを楽しみ、

必ずコテンパにやっつけたいと思っております。笑


 

 

最後に、、、

 

■2015年メンバー

千風:大田リトルでの立ち位置、今までの超えてきた壁などは関係なく、これから超えるであろう壁に

   集中し、同世代で日本一のリトルリーガーを目指せ!それで、後輩を助けてあげろ。

   千風を忘れることはないし、これからもずっとずっと応援してる!

 

颯 :優しさは、野球をやるうえで時としてマイナスに働くことがある。

   もっと自分を前面に出してやればまだまだうまくなる!その理由は私に一番怒られたけど、

   折れない強い心を持っているから!後は、怪我だけは気をつけて!

 

凱 :凱も優しい。声を一番大きく出しているのも知っているし野球を楽しんでいるもの知っている。

   だから、もっと練習すればだれにも負けない選手になると思う!

 

タカジュン:必ずホームラン打者になれ!練習の質を上げれば必ずなれる!

      グランドで話したこと、絶対に忘れるなよ!私はいつでも応援しているし、

      対戦しての更なる成長を心から楽しみにしている!

 

※千風、颯、凱、タカジュン、これから上がってる2年生を練習でも、試合でも必ず助けてあげろ。

 君達4人なら出来るし、それは私からの最後の教えです。

 

■2016年メンバー

敬己:1年間キャプテンありがとう!キャプテンにショート、本当に頑張ったと思う。

   最後の試合で流した悔し涙を忘れずに、先輩に気を遣わずに自分を出していければ

      必ずマイナーでも問題ないと思う!頑張ってな!

 

心來:入団してくれてありがとう!どんどんうまくなっていたし、内に秘める闘争心もわかっていた!

   でも、これからはどんどん前面に出して行って欲しい!
   そうすれば、必ず中心選手になれるから!

 

琥太郎:よくここまで耐えてきたと思う。

    その強い心があれば、マイナーに行っても問題ないし、失敗を恐れずこれからも頑張れ!

 

※敬己、心來、琥太郎、マイナーになっても私に言われたこと、自分に厳しくやっていれば、

 必ず結果は出る。絶対に雰囲気に負けないで、楽な方にいくな!
 3年生は助けてくれるから思い切って自分出していきな!

 

佳祐:これからはジュニアは佳祐中心に動いていく。

   練習中もそれを考えて、どんどん引っ張って行ってくれ!

   全てにおいて一番うまい選手なんだから!

 

蒔郎:今打てる、打てない。今捕れる、捕れない。など関係ない。必ずうまくなる。

   練習中に一番大きな声を出している気合があるのだから!

 

颯 :幼稚園生なのに、よく頑張った!幼稚園生では圧倒的に野球はうまいと思う。

   後は、泣かないこと!賢伸は同じ幼稚園の時、同じうまさで、泣かなかった。

   渡しは手袋は、賢伸がずっと使っているデザインのもの。右のホームランバッターを目指せ!

 

 

 

本当にありがとうございました!!!

 

2016年3月21日

柳橋

ページツリー

ページ最上部へ戻る