夏の訪れを思わせる日差しの中、江戸川グラウンドにて、江戸川リーグさんとのオープン戦が行われました。
 第一試合、先攻は大田。1番A.Kの3塁打と2番N.Hのライト前ヒットで先制点を奪い、2回ツーアウトから、8番O.Hのヒットに始まって粘り強く2点を奪い、計3点のリードを奪います。
しかし徐々に調子を上げてきた江戸川打線に、好投してきたエースY.Kが4回の裏で捕まり、ツーアウトから一挙4点を奪われ、逆転を許す展開に。5回の表の攻撃で1点返し、同点に戻すも、裏で2点を返され、再び逆転を許すというシーソーゲームに。
 
 
 
 
 
 いつもなら、ここでずるずると相手のペースに乗ってしまい、勝利を逃してしまうパターンに陥ってしまうところですが、6回表の攻撃で一人ひとりの強い気持ちがつながり、一挙9点の大量得点。5回2/3でマウンドに上がった2番手ピッチャーのT.D、セカンドN.Sの好守備にも助けられ、後続をノーヒットに抑え、14-7で大田リーグの勝利!
 
 
大田 14
江戸川

 

 第2試合、大田リーグの先発はW.T。

 初回3本のヒットを許し、2点を奪われるもその後は4回無失点に抑える好投。

 攻撃では、2回に1点を返し、3回に打者一巡の猛攻で6点をもぎ取ります。しかし、2番手ピッチャーが強力な江戸川打線に捕まり、7点を奪われ、逆転を許してしまいます。

 しかし、ここであきらめない大田の勇者たち。N.Tの3ベースヒットなどで3点を返し5回の裏で9対10と再び逆転。

 

6回表、江戸川リーグに2点を返されて、またしてもシーソーゲーム。最終回、裏の攻撃、代打N.Yの3ベースヒット、W.Tの2ベースヒットに続き、N.Sのサヨナラタイムリーヒットで見事勝利を収めることができました。

 

 
江戸川 11
大田 2× 12

 

 第3試合、先発はA.K。立ち上がりは制球に苦しむも、調子を上げて3回を無失点。

 4回に2点、5回に1点を奪われるも、強打の江戸川リーグ相手に5回まで3失点のみの好投。

攻撃では、初回からA.K、N.H、N.Yの連続ヒットで2点を奪い、3回には、N.Y、Y.K、N.Sの連続ヒットで追加点、4回には、ヒットとフォアボール、相手エラーなどが重なり5点を奪って2-8とリード。

5回1点を返されるも、W.Tの13号ホームランで1点を奪い返します。

6回の表、粘る江戸川リーグに3点を返されるも、6回2/3で登板したN.Yが最後のバッターをショートゴロに打ち取り、6-9で大田リーグ見事3連勝を収めることができました!

 

W.T、13号ホームラン、おめでとう!

 
江戸川
大田 ×

 

 「逆転されてもあきらめない、打たれたら打ち返す、追い込まれても落ち着いてボールの判断をし、フルスイングする!仲間を信じて一人一人が全力プレーする」新チームが発足してからみんなで頑張ってきたことが、実になっていると感じました。勝ち切る!チームとして、自信と落ち着きを持って、全日本選手権に向かっていきましょう!

 江戸川リーグさん、本日は対戦していただき、本当にありがとうございました。どの打順からでも攻撃がつながる素晴らしいチームですね。また、ぜひお相手お願いいたします。

ページツリー

ページ最上部へ戻る