本日の対戦相手は、強豪八王子リーグ。先週もここ八王子グラウンドで、八王子リーグさんの猛攻を目の当たりにした母たち、緊張と不安で落ち着きません。
 選手たちも緊張で体が硬くなったのか、試合前のシートノックでは、いつも通りの動きができません。監督の一喝が入り、気合を入れなおします。どんな相手でも自分の力いっぱい、ベストを尽くすだけです!
 さあ、いよいよ試合開始です!
 
  
 先攻は大田、1回表の攻撃では相手ピッチャーの速いストレートと変化球にタイミングが合わず、無得点。裏の八王子の好打者に、エースY.K落ち着いた立ち上がりで無失点のナイスピッチング!
 
  
 2回表の攻撃では、ツーアウトまで追い込まれるも、7番T.Dうまくタイミングを合わせてレフト前ヒット、続くO.H落ち着いてフォアボールを選び、9番N.Tきれいにライト前に打ち返し、満塁のチャンスを作り出します。
 
が、あと1本が続かず惜しくも無得点。逆に裏の八王子の攻撃では、ツーアウトまで追い込むも、1番バッターに3ランホームランを打たれて、3失点。
 
 3回表大田無得点のあと、さらに相手に3点を献上、6点差となってしまいました・・・。
 しかし、このままでは、終われない、終わらないという気持ちが4回表の攻撃で爆発しました!代打K.Kから、T.D、O.H、N.Tと連続ヒットで1点、続く1番A.Kに満塁ホームランが飛び出し、一挙4点追加。ベンチも応援の家族も大盛り上がり。
 
 
 
 
続く、2番N.H、3番Y.Kにもヒットが続き、チャンスを広げます・・・。しかし、その後相手ピッチャーに打ち取られ、追加点はならず。
 
 4回の裏の八王子の攻撃を、3人できっちり終わらせ、5-6の1点差、「も、もしかすると・・・!?」と期待と緊張がマックスになっていきます。
 
 しかし、暑さからの疲れか、集中力切れか、5回の裏フォアボール、エラー、とどめのホームラン、とあれよあれよというまに大量得点を奪われ、後続のピッチャーも火消ができず、11失点コールドゲームとなってしまいました・・・。
 
 
大田
八王子 11× 17×

 

 

  まだ、これで終わったわけではありません。敗者復活戦が残っています!野球の怖さ、面白さが十分学べた試合でした。ピンチをどう切り抜けるか、どう盛り上げていくか、一人ひとりきっと深く考え、それを行動につなげてくれるのではないかと思います。試合でバッターボックスに入るまでに積み重ねてきたことがきっと自信につながり、フィールドに立つまでに努力したことが、落ち着いたプレーにつながるのだと思います!涙も汗も、流した分だけ強くなると信じています。応援してますよ!

 本日は、貴重な対戦、グランド提供等、八王子リーグの皆様には大変お世話になりました。ほんとうにありがとうございました。

ページツリー

ページ最上部へ戻る