今日は、現在の中1、六年生メンバーでの最後のオープン戦。東練馬リーグさんのグランドにお邪魔して対戦させていただきました。

 第1試合は、大田先攻。相手ピッチャーの好投に1回、2回、3回の攻撃を3者凡退。対する大田リーグ先発ピッチャーA.K、力投するも、フォアボールや味方のエラーなどで、毎回失点、3回までに4点をリードされてしまいます。

 

 しかし、4回の表、2番W.Tのソロホームラン(14号!オメデトウ☆彡)を皮切りに、4番N.Yヒット、5番N.S、6番T.D、7番T.H、3者連続のツーベースヒットで3点が入ります。

 4回からは、大田2番手ピッチャーY.Kが登板。チーム全体が調子に乗り切れず、エラーやヒットで、3点を取り返されてしまいます・・・。5回の表、相手の2番手ピッチャーから1点をもぎ取り、5回の裏を3人で打ち取るも、6回表は、得点ならずゲームセット。エラーや走塁ミスなど、与えなくてよい得点を与え、取れる得点を逃してしまう惜しいプレーが、勝利を逸してしまう残念な結果となってしまいました。

 

  1 2 3 4 5 6
大田
東練馬 ×

 

  第2試合は、6年生主体の対戦。先攻の大田は、初回から3番N.S、4番T.Dのヒット、9番M.Tの2ベースヒットなど打者1巡で5点を先制します。

守備では、先発N.Sの好投で4回をヒット4本、3失点に抑えます。2回以降の攻撃も、1番N.H、2番N.T、4番T.Dの2ベースヒット、N.Tの3ベースヒットなどで毎回得点を重ね、5回にはN.S圧巻のホームラン(第4号オメデトウ☆彡)も飛び出し、14得点を重ねます。猛打賞は、4打席4安打のT.D!5回の裏は、2番手ピッチャーとして無失点の好投。新チームへの期待が高まる1戦となりました!

 
大田 14
東練馬

 

 第3試合は、大田後攻。先発ピッチャーW.T初回を3人で抑え、上々の立ち上がり。裏の攻撃も、1番W.T、2番N.Hの連続ヒットで2点を先制します。

 しかし、2回の表、相手の4番5番に連続被安打。打たれ弱い大田の悪い癖が出てしまい、打者1巡を許し、5点を献上してしまいます。3回以降も相手打線の勢いを止めることができず、5回10失点・・・。大田も、4回4番N.Yのヒット、5回9番N.Tの2ベースヒット、6回8番K.Kのヒット、1番W.Tの3ベースなど随所に好打が光ったもののつながりに欠け、大量得点には結びつかず、現チーム最後のオープン戦は勝利ならず・・・。

 
東練馬 11
大田

 

 いよいよ19日は全国選抜大会1回戦です。今まで、中1、六年生ともに学年の壁を越え、仲良く楽しい野球時間を過ごしてきましたが、やはり勝利という結果がほしい!練習、試合から学んだ様々なことを次の大会ではぜひ爆発させてほしい!!と強く願っています☆現メンバーでの野球DAYSが1日でも、1試合でも長く続きますように。

 

 大会前の貴重な1日を頂き、グランドにお招き頂いた東練馬リーグの選手、スタッフ、保護者の皆様におかれましては感謝の念に堪えません。本当にありがとうございました!

ページツリー

ページ最上部へ戻る