35度を超える猛暑の中、町田リーグさんとのオープン戦が六郷グランドにて行われました。

 第1試合は、大田リーグ先攻。ピッチャーの立ち上がりを鋭く攻める猛攻、2ベース3本、ヒット6本で1回に6点を入れます。守備では、エースN.S上々の立ち上がりで、3回を2点に押さえる好投。

 大田リーグは2回、3回にも1点ずつ追加点を入れ、9-2とリードします。

 しかし、4回裏ヒットやエラーが続き、一挙7点を返され、逆転されてしまいます。5回表1点を返して同点にするも、裏で1点入れられ、リードを許します。最終回で逆転を狙うも得点ならず、9-10での逆転負けとなってしまいました・・・。

 
大田
町田 × 10

 

 第2試合は5年生主体の試合で、大田先攻。1回に2点を入れます。

ピッチャーは、I.Y。1、2回無失点の好投。3回からはO.Kがマウンドに上がります。

3回の裏に3点を返され、逆転を許すも、4回裏は無失点に抑え、5回表の攻撃での逆転を狙います。

この回先頭のT.D、O.Kに連続ヒット。I.Yの2ベースヒットで2点を入れて逆転。M.Tのヒットでさらに追加点を入れ、5-3。5回の裏からT.Sがマウンドに上がり、相手の攻撃を3人でぴしゃりと押さえ、勝利を納めることができました。

 
大田 0
町田

 

 お昼休憩を挟んでの第3試合は、大田リーグ後攻。多摩川河川敷には、真夏の太陽が降り注ぎさらに暑さが増していきます。大田先発は、キャプテンN.H。3番バッターに2ベースを許すも、打たせて取るピッチングで得点を許しません。攻撃では、1回から打者一巡の猛攻。O.Kの2ベース、K.Kの3ベースなどで一挙7点を入れます。

 3回にも2点を追加し、9-0と大量リード。5回の表、2番手ピッチャーN.Tにバトンタッチ。N.Tも3人で相手の攻撃を終わらせ、最終回は、T.Dがマウンドに上がります。相手の粘りの攻撃で1点を許すも、後続を押さえ、9-1で快勝!

 
町田
大田 ×

 

 酷暑の中の3試合。両チームにとって過酷だったと思います。新チームの雰囲気は、いいときは盛り上がり、悪いときは、静かになってしまうごく普通の小学生。練習での頑張りを試合に生かすためには、悪い流れの時に一人一人が自分にできることをしっかり考えて行動に表すことが大切なのではないでしょうか。この対戦で学んだことを次に生かし、ぎりぎりでも勝てるチームに成長してほしいと思います。

 

 町田リーグさんには、暑い中六郷グランドまでお越しいただき、本当に感謝しております。伝統的に礼儀正しく、挨拶がしっかりできる選手たちで、学ばせていただくことが多くありました。今後もどうぞよろしくお願いいたします。

ページツリー

ページ最上部へ戻る