続く試合は東東京大会準決勝、相手は名門東京北砂リーグさんです!試合前のシートノックでは、緊張のためか、動きの堅い選手が多かったですが、監督からの一喝もあり、気合いを入れ直して試合に臨みます。

  先発は、エースN.S。初回3人できっちり打ち取ります。しかし2回の裏、3本のヒットを許し、3点を先制されてしまいます。大田の攻撃は、相手ピッチャーの好投に阻まれ、3回まで3者凡退が続きます。

 4回裏、先頭バッターに3塁打を許し、ワイルドピッチで1点献上した後、1アウト満塁のピンチ、相手のショートライナーをキャッチそして、飛び出していた3塁ランナーを刺してのダブルプレー!要所で守備の好プレーが出ました。

 5回の裏もフォアボールで出塁を許した後の、1-6-3のダブルプレー!最後はレフトフライをレフトN.Kがしっかりキャッチして4-0で最終回の攻撃、逆転を期して迎えます・・・。

 しかし、相手ピッチャーの好投、2番手ピッチャーにも抑えられ、万事休す。4-0のまま敗戦となりました・・・。

 
大田

東京北砂

×

 この試合は、大田のみんなの頑張りが光っていました。ピンチの時も声を出し、4つのダブルプレーも出て、いつもならずるずると大量失点を許してしまう場面をなんとかこらえてチャンスを待つことができていました・・・。しかし、ノーヒットでは絶対に勝つことができません!上位打線での見逃し三振など、あってはならないことです。どんな場面でも得点できる強い打線は、勝利には不可欠です。そして、打力を上げるための努力は個人でも可能です!!期待しているからこそ、そして、シーズンが続くからこそ敢えて厳しい言い方をしますが、振らなきゃ打てません!打たなきゃ勝てません!!「いい試合できた!」と満足せず、「次は、絶対勝つぞ!」という強い気持ちを持ってもらえたら・・・と思っています。

 本日は、東京北砂リーグの皆様、グラウンドのご提供、大変お世話になりました。また貴重な対戦、本当にありがとうございました。この対戦で、多くのことを学ばせて頂きました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 

ページツリー

ページ最上部へ戻る