9月25日、稲城リトルさんのグラウンドにて、オープン戦が行われました。大田は、怪我や病気(今年はインフルエンザが早いです!皆様お気をつけ下さいませ。)でお休みの選手がいるので、ぎりぎりの人数での参加となってしまいましたが、2試合、お相手頂きました。

 

 第1試合は、5年生O.K先発。2回を危なげなく無失点で抑えます。攻撃では、2回にT.Sからセンター前ヒットが出たものの、3回まで無得点。

 逆に3回表で、相手の1番バッターにランニングホームランを許すと、2本のヒットとパスボールなどで、3点の追加点を許し、4回にも、ノーヒットながらフォアボールとパスボールで2点を献上、2アウトから2番手ピッチャーN.Tが登板します。

 6対0で迎えた4回裏。大田の攻撃は、3番N.Tから。レフトへの2ベースヒットを放つと、5番K.Kからライト越えの3ベースヒットで1点を返し、N.Rの進塁打で2点目を入れます。5回の表を無失点に抑えると、裏の攻撃では、先頭バッターI.Kセンター前ヒット、O.Kライト前ヒット、T.Sレフト前ヒットで1点を追加します。

  

 しかし、6回表で相手に1点を追加され、7対3で最終回の攻撃・・・2アウトから8番I.Kセンター前ヒット!続く9番H.Fも2ストライクまで追い込まれながらも、粘って内野安打で出塁し、1番N.Hにつなげます。ここから、反撃したいところでしたが、残念ながらセンターフライでゲームセット・・・。

  1 2 3 4 5 6
稲城
大田

 

 続く第2試合は、6年生N.Hが先発。1回の表、バッティング絶不調だった1番N.Hから久しぶりに快音が聞かれ、2ベースヒット!。続くO.Kもレフトへの2ベースヒットと幸先の良いスタート。T.Sのヒットも加わり、初回から2点をゲットします。

 

 しかし、裏の稲城の攻撃では、エラーがあり、ノーヒットながら2失点。

 2回の表では、9番H.Fのレフト前ヒットから、1番N.H待望のホームラン!(メジャー第2号!オメデトウ☆彡)2点を追加します。が、2回裏N.Hのピッチングが荒れ、ノーヒットながら、デッドボールやフォアボールなどで2点を献上してイーブンに戻されます。

 3回互いに無得点の後、4回表、O.Kの2ベースヒット、N.Tのヒットなどで2得点。しかし、またも裏の守備、エラーがらみで出塁を許すと、相手3番バッターの3塁打で2点を返され、またも、6対6の同点に戻されます。5回大田無得点の裏、下位打線に連続フォアボールを許し、1番のヒットで1点を献上、リードを許してしまいます。逆転を狙っての最終回、残念ながら無得点。1点差のままゲームセット。2連敗となってしまいました。

 
大田
稲城 ×

 残念ながら、この試合も、ヒット数では相手を上回っているものの、勝利にはつなげられません。守備のバタつきやフォアボール、パスボールなど、自滅プレーが多く、失点を重ねてしまいました。一人一人自分の課題が自覚できたオープン戦だったと思います。

 

 午後からは、稲城リーグさんのご厚意で合同練習をして頂きました。稲城さんのマシンでのバッティングも体験させて頂き、大変貴重な練習時間となりました。本当にありがとうございました。今日一日大変お世話になりました!これからのシーズン、お互いに一つでも多く勝利を勝ち取れるよう頑張りましょう!!

ページツリー

ページ最上部へ戻る