10月2日、突然の秋季大会延期に伴い、OPEN戦を組んで頂きました。八王子遠征される東京北砂リーグさんがグラウンドをお貸し下さり、北砂Gにて板橋・江戸川連合さん、稲城リーグさん、さらには、八王子遠征からお帰りになった東京北砂リーグさんと対戦させて頂きました。

 

 第1試合、板橋・江戸川連合さんVS大田リーグ。先攻は大田リーグです。

 O.K、T.Sのヒットで1点を先制。しかしその裏、エラーがらみですぐに1点を返されます。2回の攻撃、K.Kフォアボール選択のあと、N.Hデッドボール、O.Kヒットで1点を追加します。

 先発、O.K好投で続く2、3回の相手の攻撃を無失点で抑えると、

 

  4回に大田打線が爆発します。I.Kフォアボールで出塁の後、N.Hヒット、O.K2ベース、N.S、T.S、I.Yヒット、代打N.K2ベース、2巡目、N.H3ベース、O.Kヒット、N.S2ベースヒットで一挙10点を追加します。

 

 4回裏から登板したN.H、2ヒットで1点を許すも、5回の表、N.K、N.Hの2ベースなどで3点を追加、裏に1点を返されるも、コールドゲームで勝利となりました!

 
大田 10 15
板橋・江戸川

 

 第2試合は、先週もお相手して下さった稲城リーグ。先発は、6年生N.H。先週2敗を喫しているので今回は勝利を目指し、気合を入れて臨みます。

 初回、先攻大田リーグ、T.S、N.Tのヒットなどで2点を先制。

 

 けれども、すぐにその裏、エラーやフォアボールで2点を返されイーブンに。2回の表、N.H、T.Sのヒットなどで1点を追加、3回の表では、先頭バッターI.Yからヒットが続き、N.R単打、N.H、O.K連続2ベース、N.Sにも3ベースと主軸の連打で4点を追加。

 守備では、2,3回N.H無失点の後、4回から5年生病み上がりのI.Yが登板。

 

きっちり無失点で抑えます。5回の表もN.H、O.K、N.Sの連打で3点を追加。10対2で5回コールドでの勝利となりました!

 
大田 10
稲城

 

 第3戦、八王子遠征から北砂Gに帰ってきた東京北砂リーグさんがOPEN戦のお相手をして下さいました。大田後攻。先発は病み上がりのエースN.S。3回を内野安打2本に抑え、無失点の好投。

 

 攻撃では、先頭N.H、センター横へのヒットで出塁しますが、相手の好投、好守備に阻まれ、その後2、3、4回と三者凡退。

 4回の表、北砂5番からの攻撃で連続ヒットを許し、2点を献上、さらにフォアボールでノーアウト1,2塁のピンチを招きます。しかし、その後ピッチャーゴロで、3塁ホースアウト、続く、1番バッターの大きなセンターフライをN.Tがナイスキャッチ。すかさずセカンドに送球し、飛び出していたランナーをアウトにします。5回には、相手3番バッターにソロホームランを許すも、後続を打ち取り、3対0で5回の裏の攻撃。反撃したい場面!先頭の5番N.T、センター前ヒット、続くI.Y内野安打。俊足二人が出塁し期待が広がります。

 

が、反撃は、ここまで。6回表疲れが出てきたエースN.S。ヒット、パスボールなどで4点を与え、7対0と点差が広がります。最終回、相手の3番手ピッチャーに為す術なく、3者凡退・・・。そのまま、ゲームセットを迎えてしまいました。

 
東京北砂
大田

 

 第1試合、第2試合、大田打線好調で声もよく出ていたように思います。第3戦、相手に攻め込まれるとやっぱり、とたんに静かな状態。好投してきたピッチャーをみんなで支えるという雰囲気が出ていなかったのが、とても残念です。中継プレーの必死さも感じられず、練習の成果が出せていませんでした。もったいないです!次は、いよいよ公式戦。絶対勝つぞ!の気持ちで頑張って下さい。応援しています☆彡

 

 本日は、板橋・江戸川連合さん、稲城リーグさん、急な予定変更にもかかわらず対戦して頂き本当にありがとうございました。また、東京北砂リーグさんには、お留守の間にグラウンドをお貸し下さり、遠征後には対戦までさせて頂き、感謝の念に堪えません。1日に3チームとのOPEN戦をさせて頂き、大変贅沢な一日を過ごさせて頂きました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ページツリー

ページ最上部へ戻る