10月16日、2週間延期になっていた秋季大会が行われました。大田リーグの1回戦の対戦相手は秋川リーグさん。きれいな秋晴れのもと、八王子グラウンドに向かいました。

  

 大田先攻。1番N.Hフォアボールで出塁の後、2番O.Kが、レフト方向へのホームラン!(メジャー第3号!トータル10号!オメデトウ☆彡)2点を先取します。

  

 N.T、T.Sフォアボールで出塁の後、6番I.Yレフト前ヒット、満塁のチャンスを迎えます。ここで、秋川リーグ、ピッチャー交代。2番手ピッチャーの速いストレートと、変化球の落差にバットが合わず、後続が打ち取られ3者残塁・・・。1回の裏、先発O.K好投するも、バントヒットなどで1点を献上。緊張感ある試合が続きます。

  

 2,3,4回両チーム無得点。5回に大きく試合が動きます。

 大田リーグの攻撃、2アウトから打撃好調6番I.Y。レフトへのヒットのあと、K.Kデッドボール。8番N.R気合いの3ベースヒットで2者生還。T.Dフォアボールで出塁の後、キャプテンN.Hセンターへの2ベースヒットでこの回3点目が入ります。この時点で、5対1とリード。

  

 5回裏、4回を32球1失点と好投してきたO.K、三振とレフトフライで2アウトを取ります。続く3番の強打者をファーストゴロに打ち取ったかというプレイで、まさかのファーストエラー・・・。そこからずるずるとヒットやエラーが続き、ランダウンプレーでもミスが出てしまい後一つのアウトがなかなか取れません・・・。4点目を入れられ、同点になったところで、2番手ピッチャーN.T登板。9番バッターを三振にしますが、振り逃げを許し(満塁での振り逃げ・・・。合宿のルール講習会で習ったはず・・・。テキストをしっかり見直そう!?)またもやアウトが取れません。流れにのった秋川1番バッターに2ベースを許し、この回7点目を献上。続く2番バッターの打ち上げたフライをキャッチし、やっと3アウトチェンジ。気づけば、5対8と3点のリードを許してしまいました。 

 球数制限に達した相手ピッチャーが交代し、秋川3番手ピッチャーが登板した最終回、逆転を誓って攻撃に望みます。3番N.Sフォアボールで出塁のあと、頼れる5年生I.Yが3ベースヒット!1点を返します。・・・が残念ながら反撃もそこまで。6対8で秋季大会1回戦敗退という結果となってしまいました。

 

 
大田
秋川 ×

 

 今回は、本当に残念な結果となりました。ヒット数は、同数。長打はむしろ大田が多く放っていました。けれども、結果は負け・・・。何が足りなかったのか、選手一人一人が真剣に考えてほしいと思います。アウト一つ取ることへの執念、雰囲気が悪くなってきたときにチームを盛り上げる声出し、ピッチャーをみんなでもり立てていくこと、どれも今の大田リトルメジャーチームには足りないのだと思います。そのためには、練習から自覚を持って取り組むこと、また、平日の自主練強化などすぐにでもできることがたくさんあると思います!

 6年生にとっては、リトルで野球に取り組める時間もカウントダウンに入っています。1日1日を大切に悔いのない野球時間を過ごしてほしいです。それが、普段お世話になっている監督やコーチ、スタッフの方々、支えてくれる家族への1番の感謝の表現となると思います。自分たち以上にに悔しい思いをしている人が多くいることを忘れず、頑張って下さい!!!

 

 対戦して下さった秋川リーグの皆様、本当にありがとうございました。最後まで、「絶対勝つ!」という強い気持ちが元気な声出しに表れていました。たくさんことを学ばせて頂きました。また、ホストチームの八王子リーグさんには、グラウンドのご提供始め、大変お世話になりました。心より御礼申し上げます。

ページツリー

ページ最上部へ戻る