11月13日(日)千葉遠征。船橋リーグさんとのOPEN戦3試合が行われました。

 先攻は大田リーグ。コーチと見まごうほど立派な体格の相手エースに、初回はO.Kのレフト前ヒットのみ。守っては、先発、N.S。初回1ヒットとパスボールで1点を献上。2回の表、5番K.Hの2ベースヒットを皮切りに、大田らしい打線がつながり、T.D2ベース、N.T、N.Hヒット、O.Kの犠打などで4点をゲットし逆転!・・・が、裏の下位打線に連打を許し、2点を入れられ1点差に詰められます。

 

 3回表、T.Dフォアボール、N.Tライト方向への3塁打などで2点を入れ3点差に突き放します。裏の攻撃ではヒットを許すも好守備で無失点。4回、相手の2番手ピッチャーに3者凡退すると、その裏、フォアボールやエラーなど守備の乱れがあり一挙5点の追加点を許し、6対8と逆転を許してしまいます。

 5回には、先頭バッターN.S意地のソロホームラン!(メジャー第5号オメデトウ☆彡)5回の裏継投したN.H無失点で最終回での逆転勝利をめざします。

 

 6回の表、先頭のN.Hにホームランが出ると(メジャー第3号オメデトウ☆彡)相手ピッチャーの制球が乱れ、デッドボールやフォアボール、T.D、K.Kのヒットなどで4点を追加し、11対8と逆転に成功!3点リードでの最終回の守備でしたが、ヒットやエラーで3点を献上。11対11。同点でのゲームセットとなってしまいました。

 
大田 11
船橋 11

 

 少し早めのお昼休憩を挟み、第2試合は、5年生を主体とした編成。先発はN.T。初回互いに無得点の後、2回の表、相手ピッチャーの制球の乱れで1点を入れますが、その裏、フォアボールや振り逃げ、ヒットなどで5点を献上、苦しい展開となります。

 

 3回互いに無得点。4回の表の攻撃では、相手のエラーもあり2点を追加し、2点差まで詰めます。しかし、裏で、連続ヒットを許し3失点。5点差とされます。

 5回、ピッチャー2番手のI.Yにスイッチ。互いに無得点の後、最終回での逆転をめざします。先頭バッターI.Kヒットで出塁、交代で入ったN.H2ベースヒットでチャンスを広げますが、相手の好守備に阻まれ、反撃もここまで。3対8での敗戦となってしまいました。

 

 
大田
船橋 ×

 

 第3試合は大田後攻。先発は5年生O.K。初回立ち上がり上々。

 

無失点で抑えると裏の攻撃では2番N.T、3番O.Kの連続ヒット、4番N.Sの3ベースヒット、T.Dのレフト前ヒットもあり、3点を先制。2回も無失点で抑えると、裏の攻撃では、N.H2ベース、O.Kヒット、N.S3ベースなどで2点を追加。3回の表、相手の1番バッターに2ランホームランを許し、エラーやヒットでさらに2点を与えて、4対5と1点差まで詰められます。

 しかし、その裏にすぐ、I.Y、K.K、N.Hのヒットなどで3点を追加。4点差に突き放します。4回無失点。その裏もI.Yの3ベースヒットなどで1点を追加し4対9と突き放します。

 5回にもN.H3ベース、N.Tヒット、N.S、K.Hヒットと、ギアチェンジした6年生が連続ヒットでだめ押しの3点を追加。最終回、2番手ピッチャーN.Hが相手の粘りの攻撃を1点でしのぎ、5対12と快勝することができました!!!

 

*変顔でのHR記念写真・・・目、つぶっちゃってるよ!タイミング悪いな~キャプテンしっかり!

 
船橋
大田 × 12

 

 今回のOPEN戦では、1勝1敗1分け、とイーブンな結果に終わりました。打線の好調さと裏腹に、あり得ないエラーなどが見られ、失点につながってしまった場面が残念でした。・・・がホームラン2本、3ベースヒットはじめ安打が29本とチームの打撃のギアが上がってきています。好調が続くよう、今後も期待しています。

 小春日和の穏やかな晴天。紅葉狩りにも、ディズニーリゾートにも、今話題のアンデルセン公園にも寄らずに船橋二和グラウンドにまっしぐらに向かった選手一同。試合前には、国歌斉唱ならぬ、船橋リーグ代表選手による「栄光の架け橋」独唱。お昼には、野菜価格高騰の折たいへんありがたい野菜たっぷりの味噌ちゃんこのふるまい。試合中にも吉本顔負けの監督と選手の掛け合い(ミスした選手への、「落としたねじ拾ってこい!あ~たくさん落ちすぎててどれが自分のか分からないか~?」発言にはほっぺの肉かみしめて笑いをこらえました。。。)スポーツの秋、食欲の秋、芸術の秋?を一挙に堪能できた一日でした。

 船橋リーグの皆様には、本当にお世話になり、感謝の気持ちでいっぱいです。ピンチの時、チャンスの時、明るい笑顔でプレーに臨む選手たちにたくさんのことを学ばせて頂きました。今後もどうぞよろしくお願いいたします。・・・にしても「くちびる~」という選手の絶叫にはどんな意味があったのでしょう?次回お目にかかれたとき是非お教え下さいませ。

ページツリー

ページ最上部へ戻る