11月20日(日)は、東京中野リーグさんの所沢グラウンドにお邪魔し、東京中野リーグさん、調布リーグさんとの3つ巴OPEN戦に参加させて頂きました。珍しい濃霧の影響でプレイボールが遅れましたが、9時30分、霧がやや薄くなってきた頃に試合開始となりました。

  

 第1試合は、大田対東京中野。キャプテンは、じゃんけんに勝ち、敢えての後攻を選びました。これが、吉と出るか、凶と出るか・・・。

 先発は、5年生O.K。立ち上がりボール球が先行するも、2三振を奪う好投で無失点。裏の攻撃では、先頭N.Hがライト前にヒットを打つと、2番N.Tもサード横にうまく打ち返し、連続ヒット。相手のパスボールもあり、初回から1点を先取。

 

 2回の表も危なげなく無失点。裏の攻撃では6番K.Hの安打、続く7番I.Yにもヒット、ノーアウトでのチャンスを広げながらも、後が続かず得点ならず・・・。3回表、2アウトから相手3番バッターにソロホームランを許し、続くバッターにもエラーやヒットでピンチを迎えつつも、6番を打ち取り、追加点を許さず。裏の攻撃無得点の後、4回の表もライトK.Kのナイスキャッチなど好守備もあり、無失点でしっかり抑えます。

  

 裏の攻撃では、フォアボールでチャンスを広げると、N.H、N.Tの連続ヒットで2点を追加。3対1と点差を広げます。霧も晴れてきた、5回表、好投してきたO.Kのあとを、N.Tがマウンドを引き継ぎ、落ち着いたピッチングで、相手クリーンナップを無失点で抑えます。裏の攻撃では、先頭N.Sがヒットで出塁すると、5番T.Dも1塁への強い当たりでエラーを誘い、連続出塁。パスボールで1点を追加し、4対1と点差を広げます。

 最終回、相手の粘りの攻撃でフォアボールやヒットなどで1点を献上。2点差まで詰められます。しかし、続くバッターをショートライナー、セカンドゴロに打ち取り、ゲームセット!4対2での勝利となりました!

 
東京中野
大田 ×

 

 第2試合は、調布リーグさん。夏の全国選手権を制覇した名門チーム!大田先攻で試合が始まります。

 

 初回無得点。裏の守備では、先発N.S、先頭バッターにヒットを許し、パスボールでの1点を与えます。2回の表、相手ピッチャーの制球が乱れ、フォアボールやデッドボールで出たランナーがT.Sのヒットで生還。1点を返します。

 しかし、その裏、下位打線にフォアボールでの出塁を許すと、1番、2番バッターに連続ヒットを与え、4点を献上、1対5と点差を広げられます。3回、互いに無得点の後、4回I.Y、K.K、T.Sの連続ヒットでチャンスを広げ、1点を返します。

 

 さらに、満塁のチャンスで1番に繋げますが、ファーストフライと、走塁ミスでのダブルプレイ。得点に繋げることができません・・・。さらに、裏の守備では相手の足での揺さぶりもあり、打ち取った打球をなかなかアウトにできず、さらに3点を献上。5回の表無得点の後、5回の裏に登板した2番手ピッチャーN.H。打たせて取るピッチングで無失点に抑えますが、2対8で最終回の攻撃を迎えます。サウスポーの相手ピッチャーが2番手に交代すると、先頭I.Yヒット、続くK.Kフォアボールで連続出塁、代打M.Tの気持ちのこもった打球がヒットとなると、ノーアウトで打線が上位につながります。

 

 2番N.Tのヒットで1点を返すと、3番O.Kの犠打で2点目が入り、4番N.Sのライト前ヒットで3点目、さらに、K.Hのヒットで4点目、相手の3番手ピッチャーが登板すると、2巡目I.Yフォアボールで5点目が入り、7対8と1点差となります。

 

・・・2アウト満塁で逆転したいところでしたが、反撃もここまで・・・。残念ながら、1点差での敗戦となってしまいました。

 
大田
調布 ×

 

 ともに、夏の全日本選手権大会、全国大会出場チームという強豪相手の2試合、気後れせずしっかり戦えたと思います。今回の、1勝1敗という戦績は胸を張っていいものかもしれません・・・。しかし、単純なミスやチャンスを生かし切れなかった場面、一つのアウトを取り切れなかったもったいない場面がありました。自分たちの力に自信を持つとともに、さらに強い「勝つ!」気持ちをチーム全体でもってほしいと思いました。より高い目標に向かって一人一人が新たな決意を持ち、頑張ってほしいと期待しています!!!

 

 この度は、ホストの東京中野リーグさんに大変お世話になりました。お昼には、温かくておいしい豚汁もごちそうになり、本当にありがとうございました!(選手たち、おかわりをしてお腹いっぱい頂きました!)また、対戦頂いた調布リーグの皆様にも心より感謝申し上げます。今後も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ページツリー

ページ最上部へ戻る