2月12日は、六郷グラウンドでの通常練習。昨日のOPEN戦で明らかになった課題を克服するため、シチュエーション別の対応力を高める、きめ細かな練習が行われました。自分できちんと判断して対応すること、周りの選手は、プレーに関する声を大きく出していくこと、アウト一つにこだわって積極的なプレーをしていくことなど、今までも再三やってきたことですが、具体的な課題意識を持って意欲的に練習が行われました。

 ジュニア、マイナーともに遠征中ということもあって終日グラウンドをめいっぱい使っての練習。充実した1日となりました。

 練習が終わったあとは、グラウンドや、その周囲を清掃。普段お世話になっているグラウンドや土手のゴミをみんなで拾います。

 

 紙くずやたばこの吸い殻、土手を滑った後の段ボール?など、たくさんのゴミが集まりました。

 

 

 きれいな環境でさらに技術も向上することと思います。また、良い行いをすることは、勝負運向上にもつながることでしょう。

ページツリー

ページ最上部へ戻る