3月5日(日)は、リトルリーグ東京連盟、平成29年度の開幕式でした。6年生にとっては、泣いても笑っても大田リトルメジャーチームで戦う、最後のシーズン。今までの頑張りが結果につながるよう選手たちには力一杯頑張って欲しいです。

 

 開幕式終了後は、六郷グラウンドに帰って稲城リーグさんとのOPEN戦。現チームでは、3回目のOPEN戦となり、切磋琢磨しているお相手です。

 第1試合、大田後攻。先発はS.H。先頭バッターにヒットを許すと、送りバントなどで1点を先制されます。裏の攻撃では、秋も苦戦したピッチャーに3人の攻撃で打ち取られてしまいます。

 

 2回の守備、下位打線を2アウトまで打ち取るも、エラーでの出塁を許し、続く1番バッターにホームランを打たれ、2失点。裏の攻撃では、K.H、T.Dに連続ヒットが出て1点を挽回。3回から登板したN.S。好投するも、エラーがらみで1失点。裏の攻撃では9番M.Tにヒット。ノーアウトでのチャンスが広がるものの、後が続かず・・・。

 

 逆に4回表、相手の連続安打を許し4失点。裏の攻撃T.D、S.Hのヒットで1点を返すも大量得点にはならず。さらに5回の表の相手打線を止められず3失点。11対2と大量リードを許してしまいます。5回裏の攻撃、K.H、T.Dに連続ヒットが出て1点を返すも反撃はそこまで・・・。11対3でコールド負けを喫してしまいました。

 
稲城 11
大田

 

 お昼休憩後、第2試合。大田先攻。先発は、ピッチング好調T.S。初回の攻撃では、O.K、N.Sにヒット。相手エラーもあって2点を先制します。

 

 裏の守備、1ヒットを許すものの無失点。2回の表無得点の後、2回裏も下位打線を3人の攻撃で終えます。

 3回の表、無得点。裏の守備では、エラーがらみで出塁を許したものの、得点は許さず。4回の表、S.Hヒット、N.H2Bヒット、O.K、N.S、K.K、N.Tにヒット、デッドボールなどあって一挙6点をゲットします。裏の守備は、3人の攻撃で終え、良いリズムで攻守交替。

 

 5回の表の攻撃では、N.H、N.Sに2Bヒットが出てさらに1点を追加します。裏の守備では、1ヒットとエラーでピンチを迎えるものの、上位打線をきっちり打ち取り得点を許しません。最終回、大田打線が爆発します。N.T、I.Y、S.H、T.S、N.H連続ヒットで追加点を入れていきます。

 

 その後も、N.Sヒット、K.H、2巡目N.T、代打N.K、T.S2Bヒットと連続ヒットを重ね、相手エラーもあってこの回11得点の猛攻。

 

 裏の守備では、相手4番に2Bヒットを与え、ワイルドピッチや進塁打などで1点を許しますが、後続をきっちり打ち取り(T.S完投勝利オメデトウ☆彡)20対1での完勝となりました。

 
大田 11 20
稲城

 

 第1試合と第2試合の展開の違いにリトルリーグの試合の怖さを痛感しました。雰囲気や流れが実力以上に大きく点差となって表れてしまいます。それだけに、雰囲気を盛り上げ、流れをつかむ大切さをいまさらながら思い知らされました。

 

 本日稲城リーグさんには、開幕式後の慌ただしいなか、六郷グラウンドにお越しいただき、OPEN戦のお相手をして頂きました。本当にありがとうございました。来週からの春の連盟大会、お互いに良い流れを引き寄せ、ベストを尽くして勝利を目指しましょう!!!

 

・・・ところで、大田リーグでは、3月を境に保護者の係が現6年生から5年生に引き継がれます。先輩方から引き継いだ当時は、自分たちの代が本当にしっかり役目を果たしていけるのだろうか、と大きな不安に駆られました。終わってみれば、みんなで助け合いなんとか役目を果たすことができたということと、大田リーグの良い伝統のバトンを次代に繋げることができたのではないか、と一人一人の力の結集に安堵しています。次週からは、ブログも次世代にバトンタッチ・・・。毎週の宿題から解放されるうれしさとともに一抹の寂しさも・・・。最後に、私から大田の勇者たちに伝えたいこと。後悔のないように頑張れ!野球で結果を出すことはもちろんですが、それ以上に強く望むことは、人としてのそれぞれの成長。ここでたくさんの汗と涙を流した経験を人生の大きな糧として力強く歩んで欲しい、幸せな人生を歩んで欲しいということ。ずっとずうっと大きな声で応援しています!・・・ってまだまだ半年は居座るつもりですけど・・・!?

ページツリー

ページ最上部へ戻る