いよいよ春季大会の第1回戦、対戦相手は調布リトルB。

一回表、OK君がセンターオーバーのホームランを放ち、1点を先制して幸先の良い開幕となる。

 2回表にも、SH君の四球をきっかけに、相手の失策がらみで2点を奪った後、NH君のセンター前ポテンヒットで更に1点を追加して4-0とリードを広げる。

 しかし3回裏、一安打と2つの四球で満塁のピンチを迎え、ここで痛恨の四球で押し出しの1点を許し、その後も2点加えられ、4-3と追い付かれる。続く5回裏にも四死球と安打から2点加えられ、土壇場で4-5と逆転を許し、なおも1死一三塁のピンチが続いたが、3番手でマウンドに上がったTS投手が一死三塁のピンチを2奪三振で切り抜ける。

 そして迎えた最終回の6回表、先頭打者の9番IY君が値千金の四球を選ぶが、続く内野フライ・内野ゴロにて二死となり本初戦の山場を迎える。続く3番NS君が放った痛烈な打球は二塁手の横を抜く同点タイムリーとなり、土壇場で5-5の同点とした。

 次の4番、代打KK君がレフト前ヒットで出塁し、逆転劇の場が整った。ここで5番KH君に待望のレフト前タイムリーヒットが生まれ、ついに6-5と逆転。続く6番TS君もライト前ヒットを放ち、なおも二死満塁のチャンス。次の7番SH君が四球を選び、押し出しで7-5とリードを広げた。

 6回裏の相手攻撃は、TS投手がぴしゃりと抑え、大会初戦を見事勝利で飾った。

  1 2 3 4 5 6
大田
調布B

                            

 本日は、対戦頂いた調布リーグの皆様、ホストとしてグラウンドのご提供を頂いた昭島リーグの皆様、本当にありがとうございました。

ページツリー

ページ最上部へ戻る