1 2 3 4 5 6
大田 1 1 0 0 2 1 5
多摩連合 2 0 0 0 0 0 2

春季大会ベスト4をかけた第3回戦は多摩連合リトルとの激戦となった。

 

一回表の攻撃、右本格派の相手投手より1番NH君、2番OK君が逆らわない打撃で連打を放ち、3番NS君の内野ゴロで二死三塁とした後、4番KH君も逆らわない打撃でレフト前ヒットを放ち、三塁走者を見事に生還させ1点先行した。

   

 

しかし一回裏、単打と守備の失策で無死二三塁のピンチを迎え、センター前タイムリーを浴びて2点を献上、1-2と逆転を許した。続く二回表、先頭打者のNT君のライト前ヒット、IY君の内野ゴロの相手失策、KK君の四球で無死満塁となり、1番NH君の内野ゴロの間に三塁走者が生還して直ぐに2-2と同点に追い付いた。

  

 

二回裏から四回裏までは、TS投手と相手剛腕投手の好投で無得点が続き緊迫した試合運びとなったが、四回裏の相手攻撃で大きな山場を迎える。単打と四球の後、二死一二塁となり、ここからセンター前ヒットを打たれ二塁走者が三塁を蹴った。センターNS君の渾身のバックホーム返球はワンバウンドの「ど」ストライク。本塁タッチアウトで絶対絶命の危機を乗り越えた。このファインプレーでチームに活気が出る。

 

 

五回表、1番NH君が投手強襲のヒットで出塁すると、2番OK君が左中間に大飛球を放ち、待望の追加点を挙げて3-2となった。続く3番NS君にもライト前ヒットが飛び出し、4-2とリードを広げた。最終回にも1点を追加し、5-2と更にリードを広げた。

 

  

 

 

投げては途中からマウンドに上がったNS君が五回裏、六回裏の相手打線に付け入る隙を与えず、5-2で死闘を制して春季大会ベスト4を勝ち取った。

 

 

ページツリー

ページ最上部へ戻る