東練馬
大田

 

今春季大会の準決勝は東練馬リーグとの対戦となった。

 
 
 
一回表、簡単に二死とした後、二安打で二死一三塁とされ、一塁走者の一二塁間での挟殺プレーの合間に三塁走者が生還して先点を許した。
 
 
続く一回裏の攻撃では、3つの四球で二死満塁のチャンスを迎えるも、相手剛腕投手に適時打を阻まれ無得点となった
2回表はIY君のダイビングキャッチを含む外野手陣の活躍により無失点で切り抜け、この勢いを2回裏の攻撃に持ち込んだ。
  
 
先頭8番NT君の中前打、9番IY君の死球、2番OK君の四死で一死満塁とした後、続く3番NS君の四球で押し出しの1点を返すと、4TD君に待望のライト線二塁打が飛び出し、一挙に3点を返して 1-4と逆転に成功した。
 
 
完全に流れを掴んだと思われた3回表、先頭打者に本塁打を浴びてしまい、その後も3つの四球で二死満塁のピンチを迎えると、ここから2安打を放たれて5-4と逆転を許してしまう。
4回、5回は内外野陣の堅守で相手打線を無得点に抑えたが、チーム打線も相手剛腕投手に7奪三振を奪われ得点を挙げることができなかった。
最終回の相手攻撃では、再び本塁打を浴びてしまい、その後も3打で3点を加えられて9-4と得点差を広げられてしまった。最後の6回裏の攻撃は、二死から1番NH君、二番OK君の2連続安打で二死一二塁と食い下がったが、ここからの適時打に恵まれず、9-4で惜敗することとなった

ページツリー

ページ最上部へ戻る