東練馬リーグのホームグランドで、東練馬リーグと八王子リーグとのオープン戦が行われた。

 

  1 2 3 4 5
大田
八王子 X 10

 

大田の初戦は八王子リーグであったが、多くの課題を残す結果となった。

1回裏、先発OK投手が相手打線に捕まってしまう。2番打者の右前打、3番打者の左前打で一死一二塁になると、

4番の三塁線二塁打で1点を許してしまう。 さらに、5番の左前二塁打で2点を追加され、0-3と先行された。 

 

 

 

2回、3回は両チームともに堅守で無得点としたが、4回に試合が大きく動いた。 先頭6NT君と9番代打NR君が四球を選んで二死一二塁とすると、1OK君の右前打でようやく1点を返す。さらに2NH君の左前打で2点を追加して3-3と同点とした。 なおも二死一塁から3NS君に右前二塁打が飛び出したが、二塁走者のNH君がホームでタッチアウトとなり、逆転には至らなかった。

 

 

 

 

しかし、その裏に相手の猛攻が始まった。2番打者に四球を許した後、3番打者に本塁打を浴びてしまい、一気に2点を返された。ここでNT投手の登板。だが、4番打者の内野安打、5番打者の中超打で無死一三塁とされ、6番打者の左前適時打で追加の1点を取られ3-6となった。 

 

 

 

さらに9番打者の三塁打で1点を追加されて二死一二塁となり、1番打者に本日2本目の本塁打を浴びて3-10と大差をつけられた。 5回表の攻撃は相手投手に抑えられ、3-10の惨敗となった。

 

 

 

 

次に東練馬リーグとの対戦。

 
東練馬 1 0 0 0 0 1
大田 3 0 0 6 X 9

 

 

 

先発TD投手の立ち上り、相手先頭打者に右二塁打を許すと、3番打者に中前二塁打を浴びて1点を先行された。

 

 

 

しかし直後の一回裏に反撃が始まった。 先頭打者OK君が四球、2NH君が右超二塁打を放って無死二三塁とすると、捕手失策の隙を狙ってOK君が生還し1点を返す。 さらに3NS君が四球を選んで無死一三塁とすると、6番打者IY君に右前適時打が飛び出し、さらに2点を返して3-1と逆転に成功した。

 

 

 

2回、3回は両チームともに投手陣の奮闘が続いたが、4回裏に大田が怒涛の攻撃を見せる。 

9IK君が四球、1OK君が左前二塁打、2NH君が四球で一死満塁のチャンスを作ると、続く3NS君が四球を選び、押し出しで1点を追加した。 

 

 

 

 

さらに4KH君の中前打で1点を追加すると、5TD君に快心の右中間三塁打が飛び出し、一気に3点を追加した。

 

 

 

さらに二死三塁の場面で、7番NT君に右前適時打が生まれ、1点を追加し、この回に9-1とリードを広げた。5回表は、この回から登板したSH投手が相手打線を無失点に抑えて9-1で勝利した。

 

 

 

 

東練馬リーグの皆様、八王子リーグの皆様、どうもありがとうございました。大変有意義な一日でした。

東練馬リーグの皆様にはグランドをご提供頂き、またフルーツポンチのおもてなしまで賜り、重ねて感謝申し上げます。ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

 

 

ページツリー

ページ最上部へ戻る