ホームグラウンドに、横浜中央リーグを迎えて練習試合を行った。

連日の雨で、グラウンドのコンディションが必ずしも良い状態ではない中での試合となった。

第一試合
大田 0 1 1 0 1 3 6
横浜中央 1 0 3 0 0 3x 7

 

 

 

 一回表、大田の攻撃が11球で締められると、その裏、先発NS投手が二死二塁で、4番打者に右前適時打を許してしまい0-1と先行された。

 二回表、4番KH君の右前二塁打で二死二塁となると、7番SH君の左前二塁打で1-1の同点とした。これで流れが変わり、二回裏を無失点に抑え、3回表の攻撃を迎えた。 9番IK君の四球、2番NH君の右前飛失策で、二死一三塁となると、4番KH君が本日2本目の右中間二塁打を放ち、2-1と逆転に成功した。

 

 しかし直後の三回裏、失策と四球に暴投と捕逸が絡み無死二三塁の窮地を迎えると、4番の右超適時打、5番の内野安打で2-4と再逆転されてしまう。

 四回表に三つの四球で一死満塁の絶好の好機が巡ってきたが、盗塁失敗で無得点となった。 その裏はSH投手と守備陣が踏ん張り、追加点を許さなかった。

 五回表は、四球と暴投失策から3-4と得点差を縮めて最終回表の攻撃を迎えた。9番代打TD君の左前打、1番OK君の四球で二死一二塁とすると、3番NS君に待望の本塁打が飛び出し、一気に3点追加して6-4と再々逆転した。

 

 しかし六回裏、内野安打と中前打で無死一二塁とされ、2番の三塁打と4番の右前打で6-7とされ、惜しくもサヨナラ負けを喫した。

 

第二試合
横浜中央 0 3 0 2 5
大田 0 0 0 1 1

 

 1回表、先発NT投手の立上りは好調で、相手打線を三人で切って取る。 その裏の攻撃は、3番NR君の右前打、4番OK君の中前打で二死一二塁とするが、後続が倒れ好機を生かせなかった。

 すると2回表で右中間打を許し、一ゴロ失策で一死二三塁の危機を迎えると、犠打と二本の右前打で3点を許し0-3と先行された。

 3回表は無得点に抑えたが、その裏、4番OK君の死球、5番TS君と6番NK君の四球で無死三塁と絶好の好機を迎える。だが、下位打線が振るわず、無得点となってしまった。 こうなると完全に相手ペースとなり、四回表は守備の乱れに安打が絡み、2点を追加され、0-5とさらに差を付けられた。その裏、9番NT君が右越二塁打を放ち、自らの盗塁で本塁まで生還して漸く1点を返すも、攻撃は続かず1-5の完敗となった。

 

第三試合
横浜中央 0 0 2 0 2
大田 6 9 2 X 17

 

 本日の第三試合は、OK投手の先発で始まり、一回表を守り抜いた。するとその裏、ようやく大田打線に火が点いた。一死一塁から3番NS君の左超三塁打で1点を先行すると、相手投手暴投で三塁走者が本塁へ帰り、さらに1点を追加する。 その後4番KH君は四球、5番NT君の右中間安打、6番IY君の四球で一死満塁の好機を迎え、ここで7番SH君に走者一婦の右超三塁打が飛び出し、一気に3点を追加して5-0とした。 なおも9番IK君が左越二塁打を放ち、更に1点追加をして、0-6と第三試合の主導権を握った。

 

 

 

 2回裏も無得点に抑えると、その裏、先頭3番NS君の左中間二塁打、4番KH君の相手失策、5番NT君の右越打で無死満塁とすると、6番IY君が押し出しの四球を選んで1点を追加した。ここで打撃好調の7番SH君に打席が回ると、中越適時二塁打が生まれ、さらに2点を追加して10-0とリードを広げた。 さらに9番IK君の左前適時打で、1番NH君の右中間打、2番OK君の右前適時打で2点を追加して12-0とした。 それでも攻撃の手を緩めず、3番NS君の左中間二塁打、5番NT君の右前打で15-0と大差を付けた。

 3回表に2点を許したものの、その裏、1番NH君の右中間打、2番OK君の四球、4番KH君の四球で二死満塁とし、5番NT君が相手失策を呼び、さらに2点を追加して17-2とした。4回表は無失点に抑え、第一、第二試合のうっぷんを晴らす完勝となった。

 

 

横浜中央リーグの皆様、今日はどうもありがとうございました。

これからもどうぞよろしくお願いします!

ページツリー

ページ最上部へ戻る