いよいよ中学1年生選手達にとっては、最後のリトル公式試合を迎えた。

故障等で必ずしも全員が万全な状態では無いなか、精一杯の想いで試合に臨んだ。

 

 
大田 0 1 0 1 1 0 3
足立 0 2 4 0 1 X 7

 

 

 

  大田の先発はNS投手。初回を三者凡退で迎えると、二回表、5番NT君の中前打、7番KK君のバントヒット、8番TD君の中超犠飛、9番SH君の死球で二死満塁の好機を得ると、1番NH君が左前適時打を放ち、1点を先行した。

 

 

 

 

だがその裏、一死二塁の場面から6番打者に本塁打を許してしまい、あっさり1-2と逆転される。

 

三回表、一死から4番KH君に大きな左中間二塁打が生まれるが、後続が倒れて得点につながらなかった。 するとその裏、一死満塁の危機を迎え、SH投手の登板となったが、5番打者に満塁本塁打を許してしまい、一気に4点を追加されて1-6と差を付けられてしまった。

 

 

 

四回表、9番SH君の右前打で二死一塁となると、2番OK君の中前打が相手失策を呼び、SH君が生還して2-6とした。その裏は内野併殺、外野攻守にて無得点に抑えた。

 

五回表、4番KH君に本日二本目の右中間二塁打が飛び出し、これを6番IY君の右前適時打で返して3-6とした。 

 

 

 

その後も一死満塁の絶好のチャンスを作るが、後続が振るわず得点に結び付かなかった。 その悪い流れが5回裏に現れ、本日三本目となる本塁打を許してしまい、3-7とされてしまった。

 

6回表に3番NS君の左超二塁打で二死一三塁としたが、後続が切って取られ、無念にも試合終了となった。

 

 

 

 試合終了後、悔しさが残る試合に涙をたくさん流した大田の選手達。 これを糧に、これから大きく逞しく成長していくであろう。(涙の後は、江戸川リーグさんからの差し入れのフルーツポンチをうれしいそうに頬張る大物達だったが)

 

  

 

大会関係者の皆様、グランドをご提供頂いた江戸川リーグの皆様、足立リーグの皆様、誠にありがとうございました。 

また、江戸川リーグ様には美味しい差し入れまで頂き、誠にありがとうございました!暑い中で頂く炭酸入りフルーツポンチは絶品でした。 今後とも大田リーグをよろしくお願い申し上げます。

ページツリー

ページ最上部へ戻る