最近の若いもんはちょっとした事でクヨクヨしよる。

 

1つのエラーだったり、三振だったり、ヒットを打たれた後だったり、走塁ミスだったり叱られた後だったりね。

 

そりゃあさ、人間だもの、叱られたら凹むし泣きたくもなるよ。  僕だってそうだったさ。

 

でもね、叱ってくれる大人がいるって本当にありがたい事だし自分の財産にしないといけないよ。

 

昔は近所に必ず1人や2人はカミナリ親父がいたものさ。 そんな親父達がいなくなった今の時代において

、大田ジュニアの大人達の厳しさは凄く価値のある存在だと思うんだ。

 

 

全国のお父さんお母さん、

昔いたカミナリ親父は、今もあなたの心の中にいますか?

 

 

要するに、些細な事でクヨクヨしたらあきまへんでって事。

プレー中ならなおさら。

 

 

下の写真を見てほしい。

 

 

 

 

 

これ、七曲署の署長室に飾られた殉職刑事達の遺影なんだけど、これ絶対おかしいよね?

普通は制服着た証明写真みたいなのが使われると思うけどみんな私服で、しかも目線が合ってないスナップ写真。

 

こんな写真絶対使わないだろうし、絶対プライベートで撮ったりしないよね?

 

でも、こうしてみるとショーケンが1番カッコイイかな。

 

彼らは簡単なフライを落とすどころか命を落とした後もカッコいい男でいようと常々思っていたに違いない。

 

大田の選手達も、エラーした後も、点取られた後も、打てなかった後も、そして負けた後でもカッコイイ男でいてほしいし、その為に普段から努力してほしい。

 

 

 

先週学んだ事

 

・筋肉の事は男から褒められた方が嬉しい。

 

・簡単に救急車を呼んだらいけない。

 

・父兄審判は皆飯田式を使ってる。

 

ページツリー

ページ最上部へ戻る