本日は、千葉市リトルリーグのホームグラウンドに出向いての練習試合。

緑の多い、のどかなグランドでした。

 

 

* * * * * * * * * *

1試合目
千葉市
大田 X

 

一回表、先発はOK投手。併殺を含む固い内野守備で三者凡退と好発進となった。

 

その裏、2番IYの左前打、3番OKの内野安打に続き、5番YHが四球を選んで2死満塁とすると、6番SRの左中間適時打で一気に3点を先制したが、2回表に3点を許し、すぐに同点に追い付かれた。

  

 

その裏、先頭8番YKの中前打、9番IKの内野安打で無死一二塁の好機を作ると、1番OAの左中間適時打で1点を返して4-3と逆転。更に3番OKの中超打が相手の外野失策を呼び、その隙に猛ダッシュで本塁まで生還して3点追加で7-3と差を広げた。

 

 

 

三回裏の攻撃は、7番KMの右中間打、8番YKの四球、9番IKの犠打で1死二三塁と好機を得ると、その期待にOAが見事に応えて左中間打を放ち、1点を追加。続く2番IYも中前打を放ち、さらに1点を加えて9-3とした。

OK投手は6回を一人で投げ切り、3安打4奪三振の好投で、9-3とチームに勝利をもたらした。

 

* * *

2試合目
大田 12
千葉市

 

一回表、1番IYが四球で出塁すると、2番UYが大きな中越適時打を放ち、1点を先制。

 

 

続く4番KMの打球が内野失策となり1点を追加。一死2塁から5番TKの右前適時打で更に2点を追加して3-0と先行した。

その裏、先発はKM投手。先頭打者に四球を許し、2番打者に左中間3塁打を許して1点を奪われるも、後続を断って3-1とリードを守った。

 

2回表、本日絶好調の2番UYが再び大きな右中間適時打を放ち、四球で出塁していたIKを生還させ、4-1とリードを広げた。 その勢いに乗り、二回裏の相手攻撃は先発KMが三者凡退に切って取った。

  

 

3回表、6番IKoの右前打、8番YKの左線2塁打、9番IKの左前打で2点を追加し、6-1とさらにリードを広げた。

 

 

5回、6回と大田の攻撃の勢いはなおも止まらず、YKの左中間3塁打、IYの左前3塁打、NRの左中間打、UYの右前打、代打CYの内野安打、TKの左前打と、8安打6打点も猛攻を見せ、12-1と勝負を決めた。 

 

 

 

4回裏から登板したOA投手も4回、5回を三者凡退に抑え、6回裏に場内本塁打を許すも、相手攻撃を3点に抑え、12-4と快勝した。

 

 

* * *

3試合目
大田
千葉市 X

 

一回表、先頭OAの本塁打で1点を先制するも、その裏、先発YHが相手打線に捕まり、三安打で3点を献上し1-3と逆転を許した。


両チームとも二回を無得点で終えると、三回表、1番OAに本日2本目の本塁打が生まれ2-3とした。 

 

三回裏の相手攻撃を遊撃手IYの好守で無失点に抑えると、四回表に好機が待っていた。

 

4番SRの四球、5番YHの左前打、6番KMの中前打で無死満塁とすると、7番YKに右中間三塁打が飛び出し5-3と逆転に成功した。

しかし四回裏、この回から登板したCYが四安打を浴びてしまい5-5と追いつかれた。


五回表、3番OKの右中間二塁打、4番SRの中前打で一死一三塁とするが、後続に安打が生まれない。
するとその裏、左線三塁打から3連打を浴びて5-7と逆転を許してしまった。 尚も一死一三塁のピンチであったが、続いて登板したIYが相手打線を押さえ込み5-7を維持した。

最終回の攻撃は辛くも三者凡退に抑えられ、5-7の惜敗となった。

 

* * * * * * * * * *

千葉市リトルの皆様、今日一日どうもありがとうございました!

今後ともよろしくお願いいたします!

 

ページ最上部へ戻る