午前中に東東京大会の開幕式へ参加し、その後、ホームグランドへ戻ってから、旭リーグさんを迎えて練習試合を行いました。

 

* * * * * * * * * *

一試合目

大田

1

0

2

0

0

0

3

0

0

2

0

3

X

5

 

一回表、大田の攻撃は3番OKの中前二塁打から、4番、5番が振り逃げと死球で出塁し、2死満塁の好機を作ると、6番YKの内野ゴロが相手守備の失策を呼んで1点を先制。

 

 

その裏は先発OK投手が3奪三振の無失点で抑えた。

 

 

二回は両チームとも無失点となり迎えた3回表、先頭打者IYの左前打に続き、3番OKが再び二塁打を放つと、5番YHの左線適時打で追加点を挙げて3-0とした。しかし、その裏、内野守備失策に2安打を絡められ、3-2まで追い付かれる。

 

 

 

4回はOK投手が三者凡退で抑えたものの、5回も追加点を挙げるまでに及ばず、1点リードのまま五回裏を迎えた。

しかし、この回から登板したOA投手が相手の攻撃を抑えることができず、1死満塁の窮地を迎える。

 

 

6番打者の犠打はOA投手が本塁への走者を上手く刺して点を与えなかったが、次の7番打者に右前適時打を放たれ、3‐3と同点まで追い付かれた。これで動揺してしまったか、次の8番打者で再び内野守備の失策を招いてしまい、1点追加点を与えて3-4と逆転された。その後も四球を許して、押し出しの1点を献上してしまい、3-5と差を広げてしまった。

6回表の攻撃は相手投手に抑えられ、結果3-5で惜敗となった。

 

* * * * * * * * * *

二試合目

3

1

5

0

0

0

9

大田

0

2

5

0

0

1

8

 

二試合目の先発はYH投手。一回表の相手攻撃で、二塁打を4本許してしまい、3点を先制されて厳しい滑り出しとなった。

 

2回表も四球で出塁した走者を生還させてしまい、0-4とリードを広げられたが、その後は固い守備でなんとか守り抜きった。その裏、6番NRの左前打、7番KMの左超打で二死一二塁の場面となると、9番IKに右中間適時打が飛び出して2点を返し、2-4とした。

 

しかしながら、3回表に三塁打を含む5安打を許して一気に5点を追加され、2-9と再び差を付けられてしまう。

だが、その裏、大田も猛反撃を仕掛けていく。2番IYが死球で出塁すると、3番OKの中越二塁打で無死二三塁となり、続く4番SRの打席で、IYが投手暴投の隙を逃さず猛ダッシュで生還して1点を追加した。

 

 

 

その後SRの左前適時打でさらに1点を追加して4-9とした。その後、NRの右越二塁打、代打CYの中前打で更に1点を奪い返し、UYの死球で一死満塁の好機を迎えると、9番IKの中前適時打で更に1点を挙げて7-9まで追い上げた。

 

 

 

4回からCY投手が登板。

 

二塁のOAが見事なダイビングキャッチを見せるなど、固い守備で相手攻撃を抑えて追加点を許さなかった。しかし、大田の攻撃も精彩を欠き、6回裏に1点を追加するも8-9に留まり、二試合連続の惜敗に終わった。

 

 

* * * * * * * * * *

旭リーグの皆様、今日一日どうもありがとうございました!

今後とも宜しくお願いします!

 

ページ最上部へ戻る