2017年11月12日、城東ブロック大会が東京北砂リトルのグランドで行われました。結果は、     ついにやりました! 今シーズン初優勝!

 

**********

 
江戸川 1 0 0 0 1
大田 3 3 5 X 11

 

 

大田リーグの先発はYH投手。初回、2安打で1点を先制されたが、その後は三回裏まで好投を見せて、3奪三振無失点で乗り切った。

 

  

大田の攻撃は、一回裏から長打が連発。1番OKが左前打で出塁すると、2番OAが左超適時打を放ち1点を返した。ここで3番IYにも左中間適時打が生まれ、打者3人で2-1と逆転に成功。なおも無死二塁から4番CYが右犠飛を放ち、IYを生還させて3-1とした。

二回裏は、先頭8番KMが放った中前打球が相手失策を呼び、その間に本塁まで猛ダッシュで生還。その後、9番YHの左前二塁打で無死二塁とすると、1番OKが中越の見事な本塁打を放ち、6-1とリードを広げた。

これで完全に大田に流れがやってくると、三回裏で7番代打NKが内野安打、8番代打SRが相手失策で出塁し、一死一三塁から9番UYも相手失策を呼びNKを生還させた。さらに1番OKが敬遠で出塁して一死満塁の好機を作ると、2番OAが中犠飛がUYを生還させて10-1と更にリードを広げた。

四回表からはIY投手が登板し、2奪三振の好投で無失点に抑え、11-1で一回戦を快勝で終えた。

**********

 
大田 4 4 3 1 12
東京北砂 0 0 1 X

1

 

続く二回戦の対戦相手は、東京北砂リーグ。

一回表から大田の猛攻撃が始まった。一死満塁から5番YKが適時二塁打を放ち、2点を先制すると、7番IKに左越三塁打が飛び出し、初回から4-0とリードした。

二回表、先頭1番OKが内野安打で出塁すると、2番OAが二塁打でOKを生還させて5‐0とした。なおも二死一二塁から6番KMが右中間二塁打を放ち、2点追加して7-0とした。さらに7番IKが左前二塁打を放ち、8-0とリードを広げた。

三回、四回にも相手守備の乱れから4点を追加し、12-1と更にリードを広げた。

初回から四回まで投げ切ったOK投手は、相手の攻撃を完全に封じ込み、3安打5奪三振1失点の快投を見せ、チームを城東ブロック優勝へと導いた。

**********

本大会の関係者の皆様、グランドを提供してくださった東京北砂リーグの皆様、どうもありがとうございました。これからも大田リーグをよろしくお願いします。

ページツリー

ページ最上部へ戻る